迷シェフ&名シェフ(5月6日Ⅱ)

TATSUYA&HIDEも七匹のヤマメをキープして帰ってきた。

今日もハンドルキーパーのアタイは、ARIMIちゃんを連れて

飲み物の仕入れに最寄のコンビニまで(往復25キロwobbly)買

出しへ。帰ってくると、HIDEが何やら怪しげな物体を抱えて

困り果てた様子。パスタの湯切りをしようとしてるらしいが、

その量ときたら・・・

Imgp1971

ギャル曽根が喰うのか???BONが二人の助言も聞かず、

大量に茹でたというのだ。いくら自分が大食いといっても程が

ある。その後の調理をTATSUYAに任せたため、味の方は

大層まともではあったのだが結局は完食し切れず。BONに

は猛省を促したい!

Imgp1972

それにしても、適当にやってる割にはTATSUYAの味付けは

事だ。特に「ヤマメを焼いて三十年!」と豪語するだけあっ

て、塩焼きの塩加減など絶品である。そういえば去年の匹見

遠征で喰ったステーキも美味かった。『塩梅』ってのが体に染

み込んでいるのであろう。

来年は何を食わせてもらえるか今から楽しみだ note                    

                             つづく・・・

=========================

後日(5月17日)、このパスタの件を主題とした反省会を貴賓

室にて開催。

Photo

一番反省すべき人間にトップを取られてしまいましたとさ wobbly

                                完・・・

=========================


| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れに遊ぶ(5月6日Ⅰ)

翌朝は、昨日の雨が嘘のように晴れ上がった。

Imgp1969

部屋の窓からは大山から烏ケ山までがくっきりと見える。

文句無しの釣り日和だsun 朝風呂と朝食をいただいてから、

のんびりと出発。昨日の場所にベースを据え、目の前を流れ

る福本川へと出撃。民家の裏手を縫って流れるような小さな

川だが、初夏の陽気の中をのんびり釣り上がるにはもってこ

いだ。おチビちゃんがじゃれついてくるが、膝上くらいの水深

があるポイントではまあまあサイズのヤマメも遊んでくれた。

Imgp1970

写真を撮っていると、裏庭からおばあちゃんが「入れ物はある

かね?」と声を掛けてくれ、しばしお話。こんなふれあいもま

楽しい。BONとARIMIちゃんの分をいれて三匹をキープ。

ベースに戻ると、奴等は七輪でアジの干物やらソーセージや

らを焼きながらすっかり出来上がっていたのだったのだ。

                              つづく・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠征先のHIDEは侮れず!(5月5日Ⅳ)

Photo

チェックインすると、「麻雀にはこちらのお部屋をお使い下さ

い。」とフロントでルームキーを二つ渡された。

サービスいいぞ!『グリーンスコーレせきがね』!!とりあえ

ず部屋で着替えを済ませ、キューッと一杯ひっかけて(ハンド

ルキーパーのアタイは本日初のアルコール)、温泉で疲れを

癒し、食事までの時間でいざ半荘と思ったらいきなり抜け番

当たっちった。昼の分まで取り返すべく飲んだくれながら、

HIDEの後ろで見ていたが配牌が異常によろしい。惜しむら

くは最終形が想定出来てないのだろう、もったいない打牌が

以上に多い。それでもブッ千切って逃げるBONに喰らい付

き、TATSUYAを飛ばしてシバ棒1本捲ってしまった。

Imgp1966

二局目も自分が楽勝で逃げ切れる展開だったのに、HIDEの

猛追の前に撃沈。貴賓室で打つ時はともかく、二年前の筌の

口温泉といい遠征先のHIDEは本当に侮れん。

三局目は再び二抜け。飲んだくれてたら気を失い戦況につい

て述べるところ無し。まあいつもの事ではあるのだが・・・ coldsweats01

=========================

ここでBONからこれ以前に貴賓室で打った二回の得点表が

アップされてない事に対してクレームあり。ちょうどいいんで

ここで上げておきます。

KINちゃん、お別れ麻雀

Photo_2

関金遠征打ち合わせ麻雀

Photo_3

内容については、今回と同じく飲んだくれてて記憶無し wobbly

=========================

                              つづく・・・



| | コメント (1) | トラックバック (0)

七輪最高!(5月5日Ⅲ)

一気に気温が下がったためだろうか?ハッチも無ければライ

ズも無い。とりあえず叩くが反応も悪い。一匹キープしたとこ

でARIMIちゃんにロッドを渡し、本命ポイントにチャレンジ。

命にキャストを繰り返し、幾度かは良いレーンに流れるよ

うにもなった。出てもいいがなぁと見ていたその時、気の良い

チビヤマメがフライを咥えてくれたんだが合わせが出来ずに

サヨウナラ~・・・weep 何とか一匹釣らせたかったが、無念の

撤退と相成った。教え方が悪くて申し訳ない (>_<)

先に加谷川へと向ったTATSUYA&HIDEに合流。昼飯用

マメを確保すべく、もう少し頑張り三人で七匹をキープ。二

匹を味噌汁に入れ、残りは塩焼きに note

Imgp1965

BONの御袋さんが持たせてくれたという七輪、下手なキャン

セットよりも我等ダメな大人には良く似合う。自然の恵みを

美味しく戴き、更に肉でも焼こうかと盛り上がったところで無

念の雨が降り始めた。時計を見ると三時前、少々早いが今

夜の宿リーンスコーレきがね』へと移動する。宿へ向か

う車中ではもちろんドラマ観賞。舞台は数年後、別離した兄

が成長し再会出来そうですれ違いを繰り返すお約束の展

開が続いている。                   つづく・・・



| | コメント (0) | トラックバック (1)

男前っ!(5月5日Ⅱ)

遠征初日は生憎の空模様。ARIMIちゃんとBONを迎えに行

き、TATSUYA&HIDEを待つ間に上映開始。このドラマ、昔

の『赤い○○』シリーズのエッセンスがすべて詰まったような

ストーリーで俺やBONのような親父世代には突込み所満載

なのだ。ジェネレーションギャップのあるARIMIちゃんがつい

て来られるのかが不安だったが杞憂に終わった。仲の良い

兄妹に血の繋がりがないことが判明するベタな展開、頻繁に

流れる『禁じられた遊び』、BONの悪口三昧に車中では笑い

が絶える事がない。DVD持ってきてよかったよ。

7時過ぎには倉吉に到着するも雨脚が衰えず。しかたがない

のでガストに入りモーニングを食べながら時間をつぶす。一

時間もいただろうか、心なしか空が明るくなり雨も小止みに

なってきた happy01

SAGEのキャップにRIDOLの偏光グラス、DAIWAのウェー

ダーとレインウェアに身を包んだARIMIちゃん。

Imgp1963

う~ん、男前っsign03DNAのなせる業か?そんな彼女を連れ

て、徳川へとレッツゴー!いよいよ遠征が始まった。   

                             つづく・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロローグ(5月5日Ⅰ)

2000年から始まった我等ダメな大人のGW遠征も今年で8

年目を迎えた。TATSUYA&BON+俺はもちろん皆勤賞。

2005年からはHIDEを加えた4人が固定メンバーだ。九州

九州→三朝→九州→吉和→九州→美都(匹見)ときて、本

なら今年は九州でも良かったんだが、馬鹿タレ自公政権の

かげで(決して魚が釣れない為では無い!)近場の関金へ

一泊二日のプチ遠征と相成った。

更に今年はARIMIちゃんが参加し、TATSUYAと俺が車を出

新たなパターン。釣りがメインではないBONとARIMIちゃ

を乗せるんで、何か暇つぶしのネタを探していると閃いた。

そうだ、コを持って行こう。

Photo
こうして今年の関金遠

別名『秋の童話観賞

ツアー』は始まった。

『秋の童話』をご存じな

方への補足。

プロダクションノートより

韓国ブームに火をつけた『冬のソナタ』のユン・ソクホ監督が

掛ける四季三部作(注:現在は『春のワルツ』を加えて四季

四部作)のひとつ。平均視聴率は常に30%を越え、最高視聴

率は42%という韓国ドラマ史上最高の記録を達成して、いま

や伝説とまでいわれている超人気ヒットシリーズ!日本にお

る韓国ドラマブームの先駆けとなり大反響をよんだ。              

                              つづく・・・



| | コメント (0) | トラックバック (1)