« 成績(8月28日・29日) | トップページ | 入魂! »

四国ノープランの旅Ⅲ(8月16日)

四国遠征もとうとう最終日。まずは宿毛から県境を越え、愛媛県愛

町の紫電改展示館を目指した。ちば先生や貝塚先生の戦場漫

画を読み、ウォーターライン等のプラモデルにのぼせた世代として

は心が躍る。

Dsc_0037

踊りすぎている奴もいたが・・・

Dsc_0039

館内に入り実物を目前にすると、その重厚感に圧倒される。プロペラ

が曲がったままなのは、完全復元を望まれなかったご遺族のご意向

に沿っているそうだ。奇しくも終戦から65年、他の展示物を含めて大

東亜戦争を勉強し直す良い機会だった。

Dsc_0045

おみやげコーナーにちばてつや先生著『紫電改のタカ』四巻セットが

並べられていたので、迷わずにお買い上げ。かなり昔に貸本屋で借

りているはずだが、内容は完全に忘れてしまった。帰ってからのお楽

しみだ。嗚呼、貝塚ひろし先生の『烈風』も読み直してぇ~!

ここから北上し、愛媛で川を探して釣りながら松山自動車道経由で

帰松するプランもあったのだが、どうしても四万十川の沈下橋を見

たかったのでTATSUYAに直訴。「欄干が無い、ただのコンクリの

橋だで!」と、身も蓋も無いお言葉を頂いたが、四万十川で竿を出

すのも一興と、再び高知県へとUターンしてくれた。

四万十市からR439を経由して土佐大正へ。この道、TATSUYAが

音を上げる程のワインディング。島根の国道も大概だが、高知も相

当なもんだ。やっとこR381へ出て、イメージ通りの四万十川と並行

して走る。鯉のぼりならぬ、鮎のぼりが可愛らしい。

Dsc_0072

漸く看板を見つけ、憧れの沈下橋(橋の名前は失念)とご対面!!

Dsc_0056

清く豊かな水の流れに川ガキが遊ぶ、イメージ通りの風景がそこに

はあった。

Dsc_0062

Dsc_0063

ジリジリと照り付ける真夏の太陽の下、そんな川ガキ達を眺めなが

ら橋に腰掛けてビールを煽る。暑いんだけど川風が心地よい。最高

の夏休み、他には何にもいらないや!

Dsc_0064

立ち寄った土佐大正駅には、味のある言葉が書かれていた。また

いつの日にか、この地を旅してみたいものだ。

Dsc_0079

この後支流に入り、日が暮れるまでロッドを振ったが目ぼしい釣果は

無し。来年のリベンジを心に秘めつつ、三十年振りの四国を後にした

のだったのだ。                            了・・・




|

« 成績(8月28日・29日) | トップページ | 入魂! »

「デジカメ」カテゴリの記事

「つぶやき」カテゴリの記事

四国遠征2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国ノープランの旅Ⅲ(8月16日):

« 成績(8月28日・29日) | トップページ | 入魂! »