« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

成績(8月29日)

Photo

ラッキーダイス(BASHI) 2人 4着

3戦連続の4着ですか。馬券にも絡まんし、この手の馬のオーナー

は辛いですなぁ・・・ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吾亦紅

Imgp2634

斐伊川支流の土手では吾亦紅が今盛り。

『吾亦紅』と言えばすぎもとまさとさんみたいになっちゃったが、

やっぱり僕等の世代では、さだまさしさんだよなぁ・・・

You Tubeで探しても無かったんで、野球つながりでこの名曲

『甲子園』を貼ってみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

旅の終わりは中山道(木曽遠征Ⅶ)

Photo

8月17日、いよいよ木曽遠征も最終日。本日も素晴らしい青空

が広がっている。GWの九州遠征に続いて、今回も最後は観光

で締める事となった。木曽福島から中津川へと南下しながら、中

山道周辺をブラブラと見て廻る。

Photo_2

まずは桃介橋。復元とはいえ、木曽川にかかる木造の吊橋は

迫力十分だ。国指定重要文化財ですと。

次に妻籠宿を歩く。

Photo_3

Photo_4

お店を覗くと、素敵な茶道具やらお弁当箱やら!とても手が出

ないが、親切にショーウィンドウから出して写真まで撮らせても

らった。欲しい~~~ぃ!!!

Photo_5

何とか手が出たのは、自分へのお土産携帯ストラップ。

Photo_6

うだつの上がらん自分にはお似合いか?でも良い言葉!!

『大丈夫なんとかなる』 レッツ ポジティブ シンキング (^_^;)

Photo_7

急な石段や、曲がりくねった路地。

Photo_9

まるでタイムスリップしたような錯覚を覚える、実に雰囲気のあ

る素敵な街並みだった。

最後は馬籠宿。こちらは少々近代化された感じ。

Photo_10

Photo_11

僕は妻籠の方が好きだなぁ・・・

歳をとったら、四国八十八箇所を歩いてみたいと思っていたが

この信州木曽路中山道もじっくりと歩いてみたい街道だ。

新たな夢を見させてくれたTATSUYAに感謝しつつ、三日間の

木曽遠征は幕を閉じたのでありました。          了・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出馬情報(8月29日・30日)

8月29日 札幌2R未勝利 芝1800(14頭)
ラッキーダイス(BASHI,牝D2位) 横山典弘 54K

8月30日 新潟5R新馬戦 芝1800(14頭)
ジャポニズム(TSURU,牡D5位) 池添謙一 54K

ご迷惑をおかけしましたが、何とか仮復旧までこぎつけました。

ただ自宅のパソコンは相変わらず瀕死の状態でして、成績の

アップは月曜日にずれ込む可能性がありますので、ご了承下

さいませ m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

魚は秋色

木曽遠征が書き終わっていないのだが、こげな時に限ってネタ

はある。日曜にTATSUYAと一緒に地元の川へ・・・

Imgp2617

ここから藪沢を3時間程釣り上がった。藪沢と言ってもある意味

斐伊川では本流筋、一週間前に釣った木曽川水系が羨ましい。

でも、魚は負けないくらいに綺麗!

Imgp2616

こちらの魚は一足早く婚姻色を纏っているようだった。良い仔を

残しておくれと、祈りながらリリース。島根県下の渓流も一足早く

来週で禁漁を迎える。八川ヤマメとも半年間のお別れだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

木曽福島の夜(木曽遠征Ⅵ)

そのお宿は木曽福島駅前にある『つたや』さん。温泉で一汗流し

てサッパリし、いよいよ夕食!HIDEに勧められてウコンの力も

飲んだし、準備万端、さあ宴の始まりだ!!

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

TATSUYAが絶賛するだけあって料理はすべてが美味しく、なか

でもスイートコーン100%の冷製スープは絶品!地物野菜の旨

さには目から鱗が落ちるようだった。

Photo_12

Photo_13

Photo_14

ピントがきてないのはご愛嬌、この時すでにベロンベロンです。

普段少食のアタイもデザートまで完食、満足させて戴きました。

食後、TATSUYAがダウンしてしまった為、HIDEと木曽踊りを

観に行く。浴衣に下駄履きで温泉街をそぞろ歩き、役場前に

設えられた会場へ。

Dsc

去年、郡上でも盆踊りに加わったというHIDEは迷わず踊りの輪

の中へ。アタイは荷物番とカメラマン。

Dsc_2

規模こそ小さいが、朗々と謡われる木曽節に合わせて静かに

歩を進める踊りにはなかなかの味がある。テープなどは持って

の外、鳴り物も一切無い生唄だけの盆踊りがこれほど心を揺さ

ぶるとは・・・

ビールを飲みながら、日本の夏を堪能した夜でありました。

Dsc_3

宿への帰りに足湯で一息。楽しかった木曽遠征もいよいよ最終

日を迎えます。                       つづく・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

西野川から末川へ(木曽遠征Ⅴ)

Photo

遠征2日目、8月16日の朝は寒さで目が覚めた。TATSUYAも

起きてきたが、珍しく釣りへと出掛ける気配が無い。宿のすぐ裏

手には西野川が流れているにもかかわらずだ。数年前の彼から

すれば考えられん。布団にくるまってゴロゴロしている師匠をその

ままに、HIDEとカメラ片手に近場をブラブラ。

Photo_2

食事や風呂、その他諸々、どれをとっても及第点には遠く及ば

ぬ宿ではあったが、そのロケーションだけは文句無し。玄関を

出ると目の前には木曽御嶽山が堂々と聳え立つ。西野川では

和泉ナンバーのフライマンが軽やかにループを操っていた。

チェックアウト後さらに上流へ、午前中は西野川で遊ぶ。それに

しても、これまでの不順な天候が嘘のような素晴らしい夏空だ!

Photo_3

Photo_4

午後からは末川へ!『熊出没注意』と大書きされた看板にビビ

りながら林道を車停めまで走り、さらに上流へと歩を進める。

Photo_5

万が一を考え、三人一緒に入渓。昨日の白川とは趣が違うが、

これまた素晴らしい川だ。笑いながら、コケながら、三人交互に

2時間半程釣り上がってPM3:30脱渓。マイナスイオンを体一

杯に浴びて、真夏の渓流を満喫した一日だった。

Photo_6

Photo_7

この後木曽福島まで戻り、本日のお宿へチェックイン。この遠征

の第二の目的がこの宿の夕食なのである。      つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

成績(8月22日・23日)

Photo

アドマイヤテンクウ      (TOSHI)  1人 8着
アドマイヤロイヤル     (TSURU) 1人 2着
マイネルパシュクル     (JUN)     1人 
1着
アドマイヤジャガー      (SHIGE)  2人 6着
リルダヴァル              (JUN)     1人 
1着

JUNさん、お見事!2戦2勝で一気に3位へジャンプアップで

ございます!!

尚、いまだにTARGETが復旧しておりません。お手数ですが、

ご自分のPO馬についてチェックしていただき訂正事項があれ

ばご指摘下さい。宜しくお願いいたします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出馬情報(8月22日・23日)

8月22日 札幌1R未勝利 芝1800(14頭)
アドマイヤテンクウ(TOSHI,牡D4位) 安藤勝己 54K

8月22日 札幌4R新馬戦 芝1500(14頭)
アドマイヤロイヤル(TSURU,牡D1位) 安藤勝己 54K

8月23日 札幌1R未勝利 D1000(12頭)
マイネルパシュクル(JUN,牡D1位) 三浦皇成 54K

8月23日 札幌4R新馬戦 芝1800(14頭)
アドマイヤジャガー(SHIGE,牡D4位) 福永祐一 54K

8月23日 小倉5R新馬戦 芝1800(12頭)
リルダヴァル(JUN,牡D3位) 鮫島克也 54K

一応、落ちが無いよう確認したつもりですが、御自分のPO馬が

出走されるという方はご連絡下さい。宜しくお願いいたします。

訂正&追加いたしました。何かあれば、またご指摘を・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

美味、ソースカツ丼(木曽遠征Ⅳ)

Imgp

その後西野川C&R区間に立ち寄ったが増水気味の為、渡河

が厳しそう。釣りは断念し、ウェーダーを脱いで木曽福島へと戻

り、TATSUYAお薦め?の『ゆき』で昼食を摂る。

Imgp_2

初体験のソースカツ丼を食すがこれが美味!キャベツの千切

りとウスター系のソースがたっぷりかかった揚げたてサクサク

のカツがベストマッチであった。HIDEの夢の中にまで登場した

という看板娘?さんに、またお会いしたいものだ。

これにて初日の予定は終了。ちょっと早いが、開田高原の宿へ

と向かうこととした。                    つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遂にヤマトと御対面!(木曽遠征Ⅲ)

その時もHIDEの目の前で訪れた。流れに張り出した梢の下、

影になった鏡の部分に#14のプードルが落ちるやいなや、フ

ワッと浮上して何の躊躇いも無くフライを口にしたのは紛れも

ないヤマトイワナ!ネットに収め、HIDEに状況を解説しながら

魚のポジションを整えていたら、あろうことかフライがはずれヤ

マトは逃走 il||li _| ̄|○ il||li まあHIDEが証人だからと、気持

ちを切り替えて更に釣り上がる。しかしその後、タナビラは釣れ

たがヤマトをフッキングさせるには至らず。

Imgp_7

焦りが出てきたAM10:30過ぎ、反転流に乗って大岩のエゴに

入っていったプードルにユッタリと浮かび上がるヤマトイワナ。し

かし無常にもドラグが掛かり、魚はさらにユッタリと水底へ・・・

TATSUYAとの合流予定地点は目と鼻の先、これがラストチャン

スに違いない。

ティペットを継ぎ足しフライを#12のイエローサリーにチェンジ。

流れに乗せるんでは無く、直接エゴの奥を狙い打つ。フライが岩

を直撃しポイントを外れる事数回の後、自分でもビックリのミラク

ルキャストが炸裂!その後の出来事は、ネットインまで今でも鮮明

に思い出せる。

Imgp_8

どこか爬虫類を思わせる体のラインに橙色の斑点が鮮やかで、

キョトンとした表情はコギに良く似て愛らしい。君に逢うためには

るばる木曽まで来たのだよ。

これでとりあえずの目標は達成。TATSUYAとも無事に合流出

来たし、後はのんびり木曽の旅を楽しもう。      つづく・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お詫び m(_ _)m

POG集計には欠かせないTARGETが立ち上がりません(泣)

いよいよパソコンの寿命が尽きようとしているみたい・・・(号泣)

なるべく早い復旧を心がけるとともに、JRAのHP等で解かる

限りの情報はアップしたいと思います。

ご迷惑をかけますが、何卒御理解の程宜しくお願い致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まずはタナビラ(木曽遠征Ⅱ)

林を抜け視界が開けると、そこは大岩がゴロゴロと転がる中を

清冽な水が豊富に流れる素晴らしい渓流だった。はやる気持ち

を抑えてタックルをセットしていると、背後からHIDEの叫び声。

『しか・しか・しかぁ~!!』

振り返るとHIDEの数メートル先には、なんとニホンカモシカ。一

瞬立ち止まったが、大きく右へと跳ね林の中へと消えていった。

HIDEによると、対岸から川の中を物凄い勢いで渡ってきたそう

だ。お互いあまりの出来事にカメラを出す事も出来ず、呆気に

とられるのみ。写真が撮れれば、間違いなく最高の記念になっ

たであろうに。返す返すも悔やまれる。

Imgp

木曽のスケールのデカさに圧倒されつつもHIDEと交互に釣り

上がる。始めは反応が無かったが、谷間に陽が差し込み虫達

が活発に飛び回るようになると、流芯からは元気なタナビラが

飛び出してくれた。

Imgp_2

大きさはともかく、肌艶が美しく、控えめな朱点が鮮やかな別嬪

さん。HIDEの目の前で釣れてくれたのもポイントが高い!

Imgp_3

一息ついて川の水で顔を洗い、上を見上げるとこの夏一番とも

言って良い夏空が木々の向うに広がっていた。

Imgp_4

時刻はAM8:30。まだ時間はタップリある。あとはヤマトに逢う

だけだ!!                         つづく・・・



| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヤマトに逢いに・・・(木曽遠征Ⅰ)

日本海に注ぐ小渓をホームグラウンドとしている身としては、太

平洋へと豪快に駆け下る大河、特にその源流にヤマトイワナを

育む木曽三川には格別の憧れがある。数年前から誘われては

いたのだが、TATSUYA師匠とHIDEがお盆の恒例行事としてい

る木曽遠征に、遂に今年同行する事が出来たのだ。

Dsc

8月14日PM9:00、松江を出発。Uターンラッシュに巻き込まれ

ながら、一路東を目指す。8月15日AM5:00、中津川到着。

R19を木曽川に沿って北上して行くと、至る処に遊魚証販売の幟

がはためく。コンビニでは遊魚証だけじゃなく、餌まで売っているの

には驚いた。渓流マップも良く出来ているし、島根でもぜひ見習っ

て欲しいものだ。

Dsc_2

¥1050の日券(安い!)の他、お茶やおにぎりを仕入れて大滝

村方面を目指す。道路をのんびりと歩く野生の日本猿の姿や、

朝靄たなびく自然湖の美しさに感動しながら白川の入渓点に到着

したのがAM7:00。慣れたTATSUYAは上流へ、僕とHIDEはペ

アを組んで下流から釣り上がり、4時間後に合流する事にする。

Photo

さあ、ヤマトに逢う旅の始まりだ!!          つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

成績(8月15日・16日)

Photo

スクーデリアピサ     (BON)      3人 9着
ラスティングソング   (TSURU) 3人 3着
レジスタンス           (SHIGE)   1人 6着

秋の気配漂う木曾から無事に帰ってまいりました。取り急ぎ

先週の結果のみアップです。木曾遠征の顛末はまた後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出馬情報(8月15日)

8月15日 札幌1R未勝利 D1700(13頭)
スクーデリアピサ(BON,牡D1位) 岩田康誠 54K

8月15日 札幌3R新馬戦 D1700(12頭)
ラスティングソング(TSURU,牝D3位) 岩田康誠 54K

8月15日 新潟6R新馬戦 芝1400(18頭)
レジスタンス(SHIGE,牡D3位) 内田博幸 54K

一瞬、アレッ?と思ったんだが内博の騎乗停止は来週からなん

だね。お休み前の一稼ぎがありそうな気配。

BONのピサピーもダート替わりは良さそうだし、追い上げられそ

うだにゃぁ・・・

申し訳ありませんが、週末は木曾へ遠征してまいります。成績の

アップは18日になると思いますので、御理解の程宜しくお願いい

たします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成績(8月8日・9日)

Photo

サリエル                (SHIGE)   2人 1着
トシザマキ              (GACHA) 1人 7着
アマファソン            (BON)     5人 
1着
イオス         (TAGO)   3人 2着
ジョープライド          (GACHA) 3人 7着
ラッキーダイス         (BASHI)  4人 4着
ウインマリアベール   (TAGO)   2人 7着
マイネテレジア         (JUN)     1人 11着
ロジディオン            (GACHA) 3人 10着

BON、初勝利おめでとさん!期待に反して、全然集計が大変

じゃなかったわ (>_<)

特に、うちげのマキピー・プラピー・ディオピーときたら・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出馬情報(8月8日・9日)

8月8日 小倉1R未勝利・牝 芝1200(14頭)
サリエル(SHIGE,牝D2位) 福永祐一 54K
トシザマキ(GACHA,牝D4位) 上村洋行 54K

8月8日 札幌1R未勝利 芝1800(14頭)
アマファソン(BON,牝D3位) 岩田康誠 54K
イオス(TAGO,牝D4位) 三浦皇成 54K

8月8日 札幌R新馬戦 芝1500(13頭)
ジョープライド(GACHA,牡D3位) 岩田康誠 54K

8月9日 新潟1R未勝利・牝 芝1400(18頭)
ウインマリアベール(TAGO,牝D2位) 松岡正海 54K
ラッキーダイス(BASHI,牝D2位) 北村宏司 54K

8月9日 新潟5R新馬戦 芝1600(18頭)
マイネテレジア(JUN,牝D3位) 松岡正海 54K

8月9日 札幌9R函館2歳S GⅢ 芝1200(16頭)
ロジディオン(GACHA,牝D5位) 後藤浩輝 54K

世代最初のステークスウィナーを目指して、ディオンちゃん札幌

に降臨!鞍上後藤もほぼ二年ぶりの北海道参戦と、期待の大

きさが窺がえる。小額ながらPATに入金も済ませたぜ。モチロン

◎で勝負だ、頑張っちくりぃ!!

その他の馬も、勝ち負け充分のメンバーが揃ったね。集計は大

変そうだが、楽しみが大きい週末になりそう。

日曜の夜をお楽しみに happy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

松江水郷祭2009

Dsc

橋北から水郷祭の花火を観たのは何年ぶりだろう。

特等席に混ぜてくれた知人に感謝です。それにしても、早く

梅雨が明けてくれないないもんかねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成績(8月1日・2日)

Photo

ファイティングピサ      (BASHI)  1人 1着
マイネルパシュクル    (JUN)      2人 2着
マイネノーブレス        (TSURU)  3人 3着
ラヴアズギフト           (GACHA) 12人 13着
メイショウホンマル      (GACHA) 1人 
1着
アドマイヤテンクウ      (TOSHI)   3人 3着

BASHIさん、初勝利おめでとうございます!アタイのホンマル

君も何とか勝てました。高脚は使うわ、内へ切れ込んで審議の

対象になるわでヒヤヒヤしましたが、その分伸びシロも大きそう

で先々が楽しみです。

それにしても、1コーナーでの斜行にしては審議時間が長すぎ

ないか?こないだも4万馬券を紙屑にされたし、ウィンズの画

面の前でドキドキしちょったがね・・・

Imgp2560

ちなみに、勝ち分を小倉記念に突っ込んだが2着・3着をくらっ

て見事に玉砕 (>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »