« 大分は結構な雨模様だった | トップページ | 砂金採りは大興奮だった »

女将さんは夢を語るひとだった

5月4日~5日 上津江小竹庵

ずぶ濡れになって帰ってきた我等に「どこに入った?」と女将

さんのお言葉。宿のすぐ下と言うと「あそこは小さいのしかい

ないのよ」なるほど!

ここからは、素晴らしい小竹庵の夕食。食べるのに夢中で写真

無し (>_<) 不況で質が落ちてるんじゃないかなどと、道中で話

てたんだがとんでもない!更にグレードアップされてて驚いた。

食後に女将さんと会話「でも今日は、少し上で尺が1本と泣き尺

が2本上がったよ」アタイは大人だから冷静に聴いてたけど、こ

の時点で目覚ましのアラームは4時半にセットされていた。(だ

から、九州の4時半は真っ暗だがな・・・)バイトのお姉さんは「朝

食は何時に?」なんて聞いてこられたが、その横から女将さんは

「何時でもいいよ」だって。未だかって時間を守った事の無い我々

行動パターンを完全に把握されちょうわ (^_^;)

そして翌朝、お約束通りに打ちひしがれて帰ってきた僕等に「どこ

に入った?」と女将さん。

しゃくなげ園の方の沢と言ったら「あそこまで上に行くと、最近放

してないから大きいのはいないのよ」 ありがとうございます。

僕は全然嫌じゃないけど、この時のHIDEの顔は今思い出しても

笑いが止まらん。(小っちゃい男だ!)

このメンバーでの再訪があるのかは分からんが、個人的には

またいつか訪れたいと思うのだったのだ。      つづく・・・

Imgp2424

(BONのコメントを参考にさせてもらいました)

|

« 大分は結構な雨模様だった | トップページ | 砂金採りは大興奮だった »

「つぶやき」カテゴリの記事

「デジカメ」カテゴリの記事

九州遠征2009」カテゴリの記事

コメント

確かにまた行きたいです。あんないい宿はめったにありませんもんね〜。

それまでに、尺男になっちょきますわ^_^;

投稿: hide | 2009年5月11日 (月) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134194/44968770

この記事へのトラックバック一覧です: 女将さんは夢を語るひとだった:

« 大分は結構な雨模様だった | トップページ | 砂金採りは大興奮だった »