« 出馬情報(7月12日・13日) | トップページ | 成績(7月12日・13日) »

ヒメボタル

Photo

すけさんのお話通り、ヒメボタルの灯りに出会う事ができまし

た。薄暮のうちに構図を決めて準備万端整えていたのに、何

林道をはさんで反対側の林の方に多くのヒメボタルが出

現!そんなんで写真はやっつけ (>_<)

距離があると、ISO1600のニッパチでも厳しいし、近づくに

細い流れとはいえ、渡河が必須。闇夜のソロは厳しそうで

す。今夜も念のため腰に熊鈴をぶら下げてましたが、背後で

何やら重量感のある気配が・・・  猪かにゃぁ (^_^;)

|

« 出馬情報(7月12日・13日) | トップページ | 成績(7月12日・13日) »

デジカメ」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヒメボタル見つけられたんですな。
場所が分かればまた撮りに行けますね。
ピークの時は一面に光りが見えますよ。

投稿: すけ | 2008年7月14日 (月) 23時17分

林の中の切り株に腰掛けて、源平とは一味違う光りに見入ってました。来年は、あの杉林一面の光りをぜひ見たいものです。

投稿: GACHA | 2008年7月15日 (火) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメボタル:

» ヒメボタル [ホタルに関するコラム]
7月9日は、東京奥多摩のヒメボタル観察に行ってきたが、この土日は、片道700Km、7時間かけて岩手県と青森県の県境までヒメボタルの観察に行ってきた。ここは、100万匹が生息しているといわれている場所である。今年は、一昨年に訪れた時ほどではないが、天候にも恵まれ、多くのヒメボタルが飛翔していた。ここのヒメボタルはフラッシュ発光にしては発光時間が長く、写真に撮ると光りが帯びになる特徴がある。また、ブナ林だけでなく、コンクリート道路の脇の茂みにも大量に発光している変わり者である。乱舞の風景写真は、鑑賞者の... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 20時26分

« 出馬情報(7月12日・13日) | トップページ | 成績(7月12日・13日) »