« 相変わらず・・・ | トップページ | ドラフト指名馬一覧 »

大山ヒルズ

BON&TSURUと連れ立って、招待券を握りしめ、行ってき

した大山ヒルズこのゲートの向うには、我々一般ピープ

ルが普段は決してふれる事の出来ない夢の世界が広がって

いるのだ

Photo_2

まずは、見学会の趣旨に従ってバラを愛でる。

Photo_3

御馳走さまでした m(_ _)m っていうのは冗談だが、きれいに

入れされ塵一つ落ちてない花壇は感動物。もう一・二週早

ければ満開の花を楽しめたろうが、GⅠシリーズの真っ只中

とあっては仕方ない。逆に、この時期にこういった催しを企画

された事自体が驚きであり素晴らしい。

ここからは、調教コース&施設を堪能。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

おなか一杯です m(_ _)m ウッドチップの坂路に、ダートの周

コース。瀟洒な厩舎群が大山の風景の中に見事に溶け込

んでいた。

Photo_8

更に嬉しい誤算。

大山ヒルズ輩出のGⅠホース二頭とご対面

Photo_7

Photo_9

招待券には『厩舎地区への立ち入り不可』と書かれており馬

見ることは出来ないだろうと思いこんでいたのだが、散策路

脇に立つ三棟の厩舎には思いのほか近づくことが出来た。

しかもスタッフの方々が親切丁寧に対応して下さり、ロジック

至っては馬房の外へ顔を出すように飼葉で誘って下さった

のだ。感謝感激雨霰!もうこれ以上食べられません m(_ _)m

Photo_10

あっという間の一時間半、BON&TSURUも満足してくれた

で嬉しい限り。来年もこの見学会が行われるようなら、絶

チャレンジするぞと心に誓ったのだったのだ 

=========================

ところが思わぬ落とし穴・・・

駐車場から大山ヒルズまで片道1.3キロ、ヒルズ内の散策

約3キロで共に結構な勾配あり。歩いちょう時は感じん

だったけど、朝起きたらコズんで左脚跛行だがね・・・ 

なっちょらんわ (>_<)

|

« 相変わらず・・・ | トップページ | ドラフト指名馬一覧 »

競馬」カテゴリの記事

デジカメ」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Oh!臨場感あふれる写真だ。素晴らしいプレゼントを戴いたよ。しかし、あれくらいの坂路で故障は情けないぞ

投稿: BON | 2008年6月17日 (火) 19時03分

今日はみんなお疲れ!
わりとみんな納得のドラフトになったようです。ね?
オークスの件も有り、最低ランクはやめて飲み放題付き3,500円コースにしたけどあまり料理は良くなかったね。特に味が・・・。
来年の幹事さんは、かばはやめた方が良いかもね?
それにしても良血がけっこう残ったね。

投稿: JUN | 2008年6月18日 (水) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山ヒルズ:

« 相変わらず・・・ | トップページ | ドラフト指名馬一覧 »