« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

温泉麻雀Ⅲ 三徳山編

目覚めると外は雨。酒と麻雀で麻痺した体を癒しに温泉へ。

グリーンホテルは、24時間いつでもお風呂に入れます。三

朝のお湯はちょっと熱め。湯船に浸かっていると、体中の老

廃物が出て行くようです。気持ちがいい~!!

美味しい朝食を頂いた後、もう一回温泉でくつろぎ10時に

チェックアウト。三徳山へと向かいました。

ここ迄上がってくると温泉街とは打って変わって、かなりの

雪が残っています。そのため現在は入山禁止となっており、

峯入りは出来ませんが、三佛寺本堂迄は行けるとの事。幸

雨も小止みになってきたので、お参りして来ました。参道

口から急な石段を登り参詣受付案内所へ。わずかな距離

ですがかなりキツい!TSURUちゃんは両足がコズんで、こ

でリタイヤ。運動不足も甚だしい(怒)車に戻って、一人で

競馬なとやっちょりなさい (^_^;)

本堂までの志納金400円を納め、三人で奥を目指します。

途中宝物殿に立ち寄り、蔵王権現立像をはじめとする数々の

収蔵品を鑑賞。歴史の重みと本物の持つ迫力に圧倒される

かりです。宝物殿を出たところで御住職がお声をかけて下

り、わざわざ本堂の中まで案内して頂きました。大変お話

お上手で興味深かったのですが、自分の拙い文章では

表現しきれません。興味のある方は三徳山三佛寺のHP

どうぞ。

DSC00962 本堂から出ると、ほとんど

雨も上がっていました。今

年で開山1300年を迎え

る三徳山では、現在平成の

DSC00968 大改修が進められているそ

うです。各人1000円を

寄付させてもらい、檜皮に

日付と名前を記入。もしか

すると、投入堂の改修に使

用されるかもしれないって

仰ってました!!

国宝の中に自分の名前を記した檜皮が使われると想像する

けで、ゾクゾクします。(^o^) 気が付くと、すでに時計は

12時前。早くほったらかしのTSURUちゃんの所へ戻ら

ねば!文句の一つも覚悟してたのに、その口からは意外にも

ねぎらいのお言葉。どうやらここまで競馬が好調のご様子。

非常に分かり易い御仁です。わざわざ遠回りして、競馬新聞

を買いにローソンへ寄ってあげた甲斐がありましたわ。

DSC00970 最後に遥拝所まで行き、念

願だった投入堂とご対面。

役小角が法力で絶壁に投げ

入れたとされるその姿は、

本当に美しくも厳かなもの

でした。これにて今回の旅

はめでたく終了。

新緑の季節にBONとARIMIちゃんと三人で、今度は上

まで登ろうと約束し、帰路へとついたのです。

                       読了感謝 m(__)m




| | コメント (2) | トラックバック (0)

温泉麻雀Ⅱ 激闘編

話は前後して、土曜日の午後三時すぎ。天気も良好、混雑も

無く、順調に三朝へ到着。チェックインもそこそこに、牌と卓を

レンタル、2000円也。湯船に浸かるでも、温泉街をそぞろ歩

くでもなく勝負開始。ARIMIちゃんへの3200放銃で幕を開

た戦いは、お風呂&夕食を挟んで壮絶な消耗戦へと突入

していくのであります。

DSC00959 真剣な表情のARIMIちゃん

前半は健闘していましたが、

最後は・・・

惜しかったネ!

DSC00960

自分を含めた親父三人は

いつもの如く、ベロンベロン

死んだ鯖のような眼をして

おられますなぁ (^_^;)

ハナを叩いたBONが快調に逃げ、それを見るように自分と

ARIMIちゃん。出遅れたTSURUは後方でもがいている。

勝負処でARIMIちゃんが、足を止めての打ち合いにズルズ

ルと後退。そのノーガード戦を必死に耐えていた自分も最後

の半荘で力尽きブッ飛びのKO負け。結局、男子回転の皆川

と湯浅の滑りにお茶の間が沸き佐々木の旗門不通過に失望

のため息がもれた真夜中、こちらの熱き戦いもBONの圧勝で

幕を閉じたのでした。

18225

 『温泉麻雀Ⅲ 三徳山編』 へつづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

温泉麻雀Ⅰ 御馳走編

TSURUちゃんの「休みだにす~事が無いわ」の一言に端を

発し、トントン拍子に計画が進んだ温泉麻雀ツアー。この土、

日の一泊二日でめでたく実現の運びとなりました。

目指すは三朝温泉、三朝グリーンホテル。ごくありふれた外

からは想像も出来ないくらい、料理の素晴らしいお宿です。

自分は今回で三度目の宿泊ですが、過去二回以上に堪能

させてもらいました。素材も調理も言うことなし!

DSC00948 DSC00949

DSC00950 DSC00953

DSC00957 DSC00958

女将さんのお話では、このグリーンホテル来月から全面改修

入るとか。リニューアルで、さらに魅力的なお宿になって欲

しい!たらふく食べて、ガンガン飲んで、三朝の夜は更けて

行きました。

 『温泉麻雀Ⅱ 激闘編』 へつづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

獲らぬ狸の・・・

TEKICYUU 二月も終わろうというのに

未だ馬券は絶不調・・・

しかし、本命サイドと予想

したレースは三週連続、馬

単一点で的中しているのだ。

この3レースをもし転がして

いたとしたならば、5.4倍→

13.2倍→10.9倍!!

1000円がなんと776952円

になっちょうがね (>_<)

まあ現実にありえんのは判っち

ょうだども、この予想でここ迄負

けちょうのは納得出来ん。

やっぱ競馬は夢見る貧乏人には辛く当たるのかもしれん・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

抜けるような青空

DSC00933

一週間前と遜色ない空の色。春を待つ桂の梢がその空を

目指しているかのようでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小さなことからコツコツと

DSC00917 財政破綻で馬券も買えず。オリ

ピック観ながらフライを巻いて

一日が暮れていきました。

こっちの川ではさほど出番の無

このサイズ(#24、白いのは煙草)ですが、不器用な自分

指慣らしには欠かせません。タイイングは巻けば巻くほどフ

イのバランスが良くなっていくのが分かるので、精神衛生上

大変よろしい。買えば買うほどドツボに嵌っていく競馬で心が

ボロボロに砕けているあたいのトランキライザーなのだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

予想オッズ

京都記念、トウショウナイトの単勝予想オッズを見てガッカリ。

ブック5.7倍、デイリー5.1倍といずれも三番人気予想。

これでは総流しをかけるには、あまりにリスクが高すぎ (>_<)

去年並み(6番人気、15倍)とまではいかんでも、5~6番人

で10倍程度はつくと思っちょったになぁ・・・

とりあえず午後まで待って、オッズの動きを見てから購入しま

す。シルク&デルタ&ヴィータ、頑張ってもうちょんぼし売れ

ごしない!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トウショウナイトと心中

先週の25000円投入もカンフル剤とはならず、未だ我が

PATは瀕死の状態。こんな形で今年の初GⅠを迎えたくは

なかったよ。

もっともそのフェブラリーS、買う4頭はすでに決まっている。

カネヒキリ シーキングザダイヤ ヴァーミリアン

アジュディミツオー と、いたって普通 (^_^;)

問題は日曜の午後3時迄、PATが破綻せずに持ちこたえて

くれるかという事なのだ。それまで打たにゃいいだけの話なん

だが、シックスセンスが人気を被るであろう土曜メインの京都

記念だけは絶対勝負なんだよなぁ。

打って後悔するか、打たずに後悔するか・・・

よしっ、「死ぬときはたとえドブの中でも前のめりに死のう!」

トウショウナイト 一頭軸三連複総流し36点、一着固定&

二着固定の三連単総流し各72点の計180点買いで勝負!

たまにゃあ、TSURUちゃんを見習ってみましょうか。

(PS:こんなネタだと活性上がりますか?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SATOYAMA

DSC00909周辺で行われている圃場整備

からも忘れられてしまったかの

ような、小さな小さな棚田。

ここが里山に住まう者達の貴重

な揺り籠になっている。ここ数日

の暖かさに誘われたのだろう、

一斉にアカガエルの産卵が始

まったらしく、あちこちで卵塊が見受けられた。彼等のように、

ある程度人の手の入った環境を好む(適応しているといった

方が正しいかも?)生き物は想像以上に多い。

DSC00912知床のような原始の自然を世界

遺産として保護する事はもちろ

重要だがそれ以上にこのよう

な身近にある自然を大切にせね

ばならんと思うのだよ。そんな里山の四季を美しい映像で綴

った番組が18日(土)NHKハイビジョンで再放送されます。

DSC00904 『SATOYAMAⅡ命めぐる

水辺』 午後四時からです。

世間はオリンピック一色ですが

興味のある方はぜひ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

憧れの小学校Ⅱ(Snow Version)

DSC00883

昨日の新雪に今日の青空。気温は上がって春を思わせる

陽気も、空気は冬の透明感を保っている。今日行かずして

いつ行けというのか! レッツゴー、日光小学校!!

よろしければこちらも御覧あれ  『憧れの小学校』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火の用心

今日も広島での痛ましい火事のニュースが報じられていた

が、ここんとこ、山陰でも異常に火事が多い。

DSC00879 うちらの町では、毎晩拍子木

を打ちながら町内を巡回する

『夜警』が今も続いている。

若いもんがどんどん町内から

出て行くので当番が回ってくるのが早くなったし、雨の日や

寒い晩など、正直面倒くさいと思う時はある。だども、大橋

川の川端を歩くとき、橋北のビルに反射して帰ってくる拍子

木の澄んだ音を聞いてると、いつまでも残しておきたい習慣

だと思うのだよ。

DSC00877 昨夜は当番。小雨の中を

巡回してきました。川向こう

からこだましてくる拍子木の

音は本当に味があるのだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

緊急輸血、25000円

昨年11月末に奇跡の復活を遂げた我がPATであったが、

慢性の病である後天性勝馬投票券不的中症候群は悪化

の一途。日々衰弱が進行した結果、一時的にではあるが

先週ついに心肺停止状態に陥った。

残金600円での経過観察も考えたが、根治を目指し緊急

に25000円の輸血を実行。先週のメジロマイヤーショック

の轍を踏まぬよう、週末の飲み会も断って真摯に競馬に向

き合おうと思うのだ。

zandaka

| | コメント (9) | トラックバック (0)

平成18年度斐伊川遊魚券

DSC00873 TATSUYA師匠が釣り

ビジョンで録画したビデオ

を貸してごいた。

杉坂兄さんが早春の河津川

(静岡県)でアマゴを釣るやつ。画面の中とはいえ、ライズを

見るとモチュベーションが上がります。ちょっと気は早いが、

仕事帰りに斐伊川の年券(6000円也)を購入。今年の腕章

の色は白。ラッキー!白腕章とはなぜか相性良し。吉田で泣

き尺(自己ベスト)を釣った年の腕章も白だったのよ。

もっともそげな事がすぐに思い浮かぶ位、たいして魚を釣って

無いってか (>_<)  まあ、解禁&早春の釣りを楽しめるのも

あと15~20年が精一杯。数や大きさじゃなくって、記憶に残

魚と遊べれば満足だわ・・・ (負け犬の遠吠え?)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

春の兆し

十日ほど前から目を付けているフキノトウの膨らみ具合を

チェック。来週くらいが摘み頃かな?フキノトウ味噌を肴に

一杯やるのが早春の楽しみ♪

DSC00867

林の中からは鶯の初鳴きも聞こえてきました。週末はまた

雪のようですが、野に暮らす者たちは春が遠くない事を教

えてくれているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »